Monthly Archives: 7月 2013

StickTube No. 18

StickTube No. 18

guillermo_cides_whiteshirt今回の StickTube は Guillermo Cides

Cidesさんは1992年に Stick に出会い、主にアルゼンチンとスペインで活躍中の Stick 奏者です。1995年に Centro de Stickistas を設立し、コンサート、テレビやラジオ出演、メディア・インタビューなど、様々なイベントを主催して来ました。先月、国、文化、音楽のジャンルが違う40名のラテン系 Stick 奏者による前例のないアルバム「Stickistas」CD をリリース

このライブ映像では、ループ・マシンを見事に使いこなし、観客が盛り上がるようなダンス音楽を1人で演奏。曲名は「Dance A Lot」。

StickTube No. 17

StickTube No. 17

alexander_inshakov_home今回の StickTube は Alexander Inshakov!

実は Inshakovさんのことは殆ど知らなくて、ウェブ検索しても紹介できるほどの情報はありません。
YouTube チャンネルでソロ演奏の映像があり、Astor Piazolla の「Adios Nonino」やバッハの「Passacaglia」等どれも見事な腕前ですが、今回ご紹介するのは Rainbow の「Maybe Next Time」。

 

“Do Ya Think”

“Do Ya Think”

StickTube No. 15 に紹介した Dale Ladouceur は8月発売予定の新作CD「Do Ya Think」に先立ってプロモーション・ビデオをリリース。グリーン・スクリーンは多く使用した楽しそうな撮影ですね。

Dale Ladouceur and the Broke Ensemble – “Do Ya Think”
Dale Ladouceur – Stick/Vocals
Bill Hobson – Drums
Brett Miles – Sax
Dave Babcock – Sax
Barrie Nighswander – Guitar

StickTube No. 16

StickTube No. 16

perboysen_live_computers今回の StickTube は Per Boysen!

この映像は「意識の流れ」で25分ほどの即興ソロ演奏。撮影現場は1790年にスウェーデン王グスタフ3世とその家族の夏の野外ダイニングルームとして建てられた Ekotemplet (エコー寺院)。凸状の床と凹状の天井で派手なスラップ・ディレイが発生するだそうです。

Boysenさんの Chapman Stick は PASV-4 ピックアップ・モジュール付き「サンセット」染料の竹 SG12 。

 

Railboard:ついに日本上陸

Railboard:ついに日本上陸

7/14(Sun) T.S Project Live @ BoozyMuse のリハー写真。ライブではお待ちかねの Railboard 登場?!?